title
TOP > 防災用設備点検

防災用設備のしくみ

スプリンクラーや屋内消火栓を点検していても、非常用自家発電機が動かないと、いざと云うときに作動しません。

非常用自家発電機

法令強化

2011年の東日本大震災時には、機能点検不備のため、70%近くの非常用自家発電機が稼働しませんでした。
東日本大震災後の2011年6月27日に消防法(法律第38号)が改訂され、コンプライアンスを厳守した機能点検が厳しく強化されました。

法令点検内容

無負荷(空ふかし)運転による点検は、非常時に負荷がかかった場合、火災を起こす危険があります。
1年に1回の機能点検時には、必ず30%以上の実負荷試験を行い、出力データを確認することが義務付けられております。

法令 点検期間 点検内容 基準
消防法 6ヶ月に1回の機器点検 電源配線を除くすべての消防用設備の外観及び機能点検 点検基準
(告示)
1年に1回の総合機能点検 屋内用消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備、非常用発電設備等が十分に機能するかを実際に確認
非常用発電機は30%以上の実負荷試験
点検要領
(通知)
罰則 30万円以下の罰金又は拘留(消防法 第44条11号・第45条3号)
1億円以下の罰金(消防法 第45条両罰規定)

負荷試験の内容

軽量コンパクトな負荷試験機を使用するため、準備時間やコストを大幅に削減できます。

負荷試験

お問い合わせフォーム

  • 業務概要詳細
  • 事業参入支援
  • 中古発電所売買